ドアインザフェイス

蛇のように賢く、鳩のように素直であれ。

                                  byマタイによる福音書10:16

合コンにおけるドアインザフェイス

ドアインザフェイス(door in the face)

ドアインザフェイスとは、はじめに本当に頼みたい事柄よりも

かなり大きな依頼をし、一度断られてから本当に頼みたいことを伝えるテクニックです。



これは提示した依頼を依頼者が譲歩すると、相手側も譲歩せざるを得ない気分になるという

「譲歩の返報性」を利用しています。つまり、後で出した要請が本当の目的で、

最初の要請はこの効果を狙ったダミーです。



分かりやすく例で見ていきます。



■例1

「今度、見晴らしの良いホテルのバーでお酒でも如何ですか。」

「そういうところは緊張しますので・・・

「じゃあ、美味しいランチのお店を知っているので其処にしましょう。」

「そうですね。」



■例2

「今度のお休み、ドライブで遠出しましょう。」

「あまり遠いところは帰りが遅くなると家族が心配しますので・・・。」

「では、近場で食事だけでもしませんか。」

「それならいいですよ。」



最初のダミーの依頼で、大きすぎる依頼を切り出すのは不自然です。

どのくらいの誘いならOKしてもらえるか、探りを入れながらダミーの依頼を提示しましょう。

(親しくないのに、ダミーでいきなり温泉旅行に誘っても効果の程は疑問です。

 なかには上手くいくこともあるかもしれませんが。)