ブレインストーミングを合コンで使おう

恋愛の厄介なのは、共犯者なしには済まされない罪悪だという点にある。

                                                    byボードレール

ブレインストーミングとは

ブレインストーミングとはワークショップや会議を活発にし、

メンバーから自由な発想を引き出すための技術です。

それにより物事の新たな発見や問題点の解決方法を見つけることが出来ます。

ブレインストーミングにはいくつかの取りきめ事項があります。



ブレインストーミングの4原則

 1.批判は行わない。提出されたアイデアに対する批判や意見は厳禁です。

 2.突拍子もないアイデアを歓迎する。途方もない、奇抜なアイデアが求められます。

 3.アイデアは多いほどよい。様々な角度から多くのアイデアを出す。

 4.他人のアイデアを改善、修正、結合し発展させる。他人の意見に便乗することが推奨されます。



ブレインストーミングでは、メンバー全員が批判を受けることがないとの認識が大切であり、

これがないと自由な発想や意見は生まれにくくなります。

また、ファシリテーターは基本的なルールが守られるように注意しなければなりません。



合コンでのブレインストーミングの応用

合コンの場においても、ブレインストーミングの技術は十分利用できると思います。



だれでも真っ向から相手の意見を否定されることはもちろん、批判・反論することも望みません。

一度意見を否定されると萎縮もしくは憤りなどの感情により、それ以降会話が成り立たなくなる恐れ

があります。会話が成り立つにしても、ぎすぎすした会話、当たり障りのないような受け答えになり活発

な会話が成り立たなくなります。



奇抜なアイデアや誰かの発言に対し追加・結合することは、合コンの場においても好まれます。

会話がテンポ良く発展し、メンバーが自由に発言出来るなら非常に濃密な時間を共有することが出来ます。

ファシリテーター役の人は必ずしも幹事である必要はありませんが、みんなで話しているときは

ブレインストーミングのルールに抵触している人がいないか注意し、見つけたらやんわりと注意しましょう。




前のページに戻る