合コンにおけるファシリテーション

いつも自分を磨いておけ。あなたは世界を見るための窓なのだ。

                                         byジョージ・バーナード・ショー

ファシリテーションとは

ファシリテーションとは、会議やミーティングの場で、発言の催促や話の流れの整理、

参加者の認識一致の確認等により、合意形成や相互理解をサポートすることにより、

会議の活性化を図る手法・技術です 。



ファシリテーションを行う人、つまり議論に中立の立場で,議論のプロセスにかかわり,

チームの成果が最大になるように議論を促進する人をファシリテーターといいます。

メンバーが問題を議論し,合意に至るまでのプロセスにおけるファシリテーターの役割は

大きく4つあります。



(1)議論する場をつくる

   誰を集めてどういうやり方で議論していくのかを考え、メンバー同士の意識や目的を一つにします。


(2)意見を引き出す

   自由に語り合い、チーム意識と相互理解を深めていきます。ファシリテーターには傾聴・復唱・質問・

   言葉に表れないメッセージの解読など、コミュニケーションスキルが求められます。


(3)意見を整理する

   議論をかみあわせながら、議論の全体像を整理して、論点を絞り込んでいきます。図解を使いながら、

   議論を分かりやすい形にまとめていくのが一般的です。


(4)意見をまとめる

   議論が煮詰まってきたなら、創造的なコンセンサスに向けて意見をまとめていきます。

   問題解決でいえば、意思決定のステップです。



詳しく記載するときりがないため非常に簡略に書きましたが、とても奥の深いスキルです。

興味のある方はご自分で調べられて下さい。




合コンにおけるファシリテーションの応用

合コンの場においては、そこまで厳密に考える必要はないと思います。

ただどうしたら全員会話に参加でき、いいところを引き出せるかを考える必要はあります。

また、ファシリテーター役を必ずしも幹事さんがする必要はないので、

誰か一人役割を果たすことが出来れば十分だと思います。



その方法として

  ・アイスブレイクを行う。

  ・ブレインストーミングを行う

  ・適切なテーマを設定する。

  ・適切な質問を投げかける。

  ・会話に入れない人に話を振る。

  ・「つまりこういう事ですね」と話をまとめる

  ・人と人の意見を融合する。

  ・紙や筆記用具を一揃えしておくと重宝される場面が多い。