セールストーク1

人間が幸福であるために避けることのできない条件は勤労である

                                                 byトルストイ

合コンでのセールストークについて

より多くの売り上げを目指すセールスマンは、様々なセールストークを使って営業しています。

ここでは、合コンへの応用を営業をされない方にも分かりやすく説明していきます。


おそらく数十種類ありますが、そのかなから比較的簡単で使いやすいものを挙げますので、

ぜひ、合コンの席でお試しください。



バックトラッキング

バックトラッキングとは、相手の言葉をそのまま相手に返す話法です。要するにオウム返しです。

相手は話を聞いてくれているという安心感をもち、自然に話の続きを促すことが出来ます。

実際これを体験すると非常に話しやすく感じます。ぜひ一度、知り合いと試してみてください。



■例1■

(相手)「うちの会社の課長、口うるさくて」

(自分)「えっ、あなたの会社の課長、口うるさいの?」

(相手)「そう、今日なんかもさ・・・」



■例2■

(相手)「昔、好きな人にフラれちゃってね・・。」

(自分)「そっかあ、好きな人にフラれちゃったんだ」

(相手)「うん、ずっと片思いだったんだけど・・・」



簡単ですが効果が高いため、覚えておくと実生活でも非常に役に立つと思います。



オープンエンドクエスチョン

営業的には単純にイエス・ノーで答えられない質問をすることにより、

相手の潜在的な心理やニーズを引き出します。

いわゆる「5W1H」といわれるもので、

誰が(Who)、何を(What)、いつ(When)、どこで(Where)、なぜ(Why)、どうやって(How)

を効果的に会話の中に組み入れることにより、円滑なコミュニケーションを図ります。

使いすぎると尋問のような雰囲気になる恐れがあるため、表情や声のトーンに気を付けましょう。



■例1■

(自分)「売り上げのほうは、最近<どんな>感じですか?」

(相手)「このご時世だからねえ厳しいよ。何かいい知恵はないかい。」

(自分)「この間の提案なら上手くいくと思いますよ。でも<どうやったら>企画が通るんでしょうねえ?」

(相手)「部長が乗り気になれば話は早いよ。」



■例2■

(自分)「休みの日は、<何を>しているの?」

(相手)「掃除とかが多いかな。」

(自分)「家が片づかないんだけど、<どうやったら>うまく掃除できるのかな?」

(相手)「まず、いらないものを捨てるのが先だと思うね。」



自然な感じで相手の話を引き出しましょう。


前のページに戻る