合コンでの会計

この地上で男性だけがその費用を引受るには、あまりに美人が多すぎる。

                                                     byリガリエン

合コンでの会計の基本

いざ支払いとなっても間に合わないので、終わりそうだなと思ったら

会計のことを考えるクセをつけましょう。



金額については特に決まりはありませんが、男女で同じ金額で

ワリカンをするより、男性がある程度多く出す場合が多いようです。

というより、ワリカンだと女性に対して失礼というのが社会の風潮です。



男性のみですべて支払っても問題ありませんが、女性が申し訳ない感じで支払いを申し出たら

1,000円だけ出してもらうのもいいかもしれません。

私は男女同じ金額で支払いをしたことはありませんし、全額男性だけで負担したこともありません。



具体的な例を挙げますと、一人5,000円かかった場合、

男性が3,000円・女性が2,000円、又は男性が3,500円・女性1,500円

程度が世の中の割合では多いようです。

割合的に男女比で6:4もしくは7:3あたりが目安ではないでしょうか。



男性陣がお金持ちの場合や、どうしてももう一度合コンをしたい場合又は

あまり金額が高くなかったときなど全額負担や女性1,000円をお願いしてもいいと思います。



最後にあまり楽しくなかった場合も、男性陣は勉強代として潔く多めに払いましょう。

女性陣ももう会うこともないかなと感じても、財布は取り出して払う仕草を見せましょう。

最低限の大人のマナーです。



前のページに戻る