合コン体験記1

恋する人のために食事の支度をしている女の姿ほど、胸打つものはない。

                                               byT・ウルフ(米・作家)

きっかけと事前準備

体験記第1回なので、比較的うまくいった合コンの報告をしたいと思います。

人数は男性3名、女性3名。クリスマスまで残り1ヶ月くらい、恋人達もバーゲンの時期でした(笑)。


きっかけは、管理人の職場に派遣されている女性への合コンの申し込みからです。

「後輩が合コン相手探してるけど、だれか知り合いいないかな?」くらいの感じです。

あっさりOKというか、相手の方がすっごい乗り気でした。とんとん拍子に話が進み、

次の日には日取りが10日後に決まりました。話の流れ上、幹事は管理人が引き受けました。



お店の予約は、界隈で噂になっているオシャレ居酒屋。仕事帰りに下見に行ってみました。

内装は落ち着いた雰囲気で間接照明がメイン。個室もかなりの数が用意されています。店員さんも

感じがよかったためその場で予約しました。



合コン当日

合コン当日、管理人以外の2名は明らかに緊張していました。それもそのはず、二人は初心者で

1ヶ月ほど前、私の紹介で別メンバーとコンパを行い、見事に玉砕していまいた。その時の話を聞くと、

会話が盛り上がらず男性側が場つなぎのために延々と漫画のあらすじを話したとのこと。当然二次会もなく、

アドレスの交換もなし。今回はそれを受けてのリベンジです。



先に男性陣が到着して、寒かったのでお店の中に入って待ちました。約束の時間から少し遅れて

女性陣が到着。3人とも彼氏が居ないのがおかしいくらい可愛いです。



今回は、慣れていないため男性と女性が向かい合うお見合い座りからスタート。男性陣やはり少し

ぎこちなかったですね。



簡単な自己紹介から当たり障りのない仕事やスポーツ、休日の過ごし方などを話しましたが、

良い雰囲気でしたが、特に盛り上がりもせず、かといって会話が途切れることもなく小一時間ほど

経ちました。



アルコールも入って頃合いです。女性陣があまりゲームで喜ぶタイプではないようなので、恋愛関係の

話メインに切り替えます。自分自身が職場で半年前に失恋していたのでその話を振りました。はやり

こういった話になると全員目の輝きが違います。失恋した相手の女性が既婚で管理人よりかなり年上

だったのも面白かったのでしょうが。



そこから一気に盛り上がりました。過去の恋愛話は失恋話、タイプの異性など我先に話し出して

止まりません。席替えも忘れて気が付くと4時間も話していました(笑)。



話したりない様子でしたが、遅くなっていましたので二次会も行かずに切り上げました。

当然アドレス交換しましたが、女性陣より早く第2回を計画して欲しいとの嬉しい言葉を頂きました。

後日めでたくこの中の二人が付き合うこととなりました。

前のページに戻る